クスオとかどっち・殺処分撲滅・生体販売禁止・ブリーダー免許制・動物愛護推進

キャラバン最新訪問

     
  • 2018.09.08

    「’18下越地区 動物愛護フェスティバル」に参加しました!

    動物愛護団体の方からお誘いを受け、新潟県新発田市で開催の「’18下越地区 動物愛護フェスティバル」…続きを読む

  • キャラバン一覧はこちら
クスオとかどっち・殺処分撲滅・生体販売禁止・ブリーダー免許制・動物愛護推進

クスオブログでは里親さんとの出逢いのエピソードを募集しています。皆さまの「家族との出逢い」をお寄せください。(できればお写真も一緒にご投稿ください。)

  • 2018.06.09
    @お昼寝中

    クスオとかどっち・殺処分撲滅・生体販売禁止・ブリーダー免許制・動物愛護推進
  • 2018.08.03
    @今日で10ヶ月

    クスオとかどっち・殺処分撲滅・生体販売禁止・ブリーダー免許制・動物愛護推進

九州男とクスオ

クスオとの出会い

クスオは、ペットショップで売られることもなく(売れ残り?性格的に劣勢の劣勢というらしい)、 ブリーダーさんのもとで生後7か月まで種付用として飼育されていました。

初めて会った時のクスオは、体格的には小さめ、長いゲージ生活で筋肉があまりついておらず、 後ろ足に力が入らず歩かせようと思ってもすぐにへたり込む、少し歩けば息切れする、という状態でした。

ただ、私たちに飛びついてじゃれつく人懐こい性格の、賢そうなワンちゃんというのが第一印象でした。

クスオとかどっち・殺処分撲滅・生体販売禁止・ブリーダー免許制・動物愛護推進 対面予定… クスオ!(7ヵ月、♂)

動物愛護の立場から

大島九州男は昨今、問題になっている犬や猫の殺処分の問題について、 その要因の一つとなっている生体販売禁止を訴える活動をされている方々との出会いもあり、 罪のない尊い多くの命が奪われているこの現状を多くの方に考えてもらうための問題提起の必要性と動物愛護活動の必要性を考えていた時に、 クスオとの出会いがありました。

ちょうど、全国キャラバンで、多くの方々との縁を結びに行く計画があり、 クスオと多くの方々が縁を結ぶことによって、この問題を考えていただける契機になればと考え、クスオを相棒にキャラバンに出ることに決めました。

クスオとかどっち・殺処分撲滅・生体販売禁止・ブリーダー免許制・動物愛護推進 2018.05.05.端午の節句・初対面

現状

犬を飼ったことのない私たちにとって、クスオとの生活は何もかもが手探りです。 餌やり、散歩、トイレトレーニング、シャンプーや歯磨きなどのケアなど一から、 トレーナさんをはじめ、飼い主経験のある方々にご教示いただきながら、よき相棒になれるよう日々学んでいます。

その中でますます生き物を飼うことの難しさや責任、命の尊さを再認識し、 クスオへの愛情は日々増しています。

犬を飼った方々からすると、私たちのやり方が危なっかしかったり、間違っていることもあるかもしれません。 しかし私たちも飼い主として日々成長しながらクスオとの愛情、信頼を深めていきたいと考えています。

クスオは当初、声を発する(吠える)ことすらしない犬でしたが、 最近では私たちの姿が見えないと寂しがって呼んでくれます。 お互いになくてはならない相棒になってきているのです。

そしてクスオは、初めからは考えられないほど活発になり、元気に走り回っています。

出会って10日、初めて九の声

お願い

車で全国を回ることは、人間にとっても犬にとっても大変なことには違いありません。 何よりも安全を第一に考え、少しでも快適に縁を結ぶ旅ができるように対策を進めています。

クスオを相棒として連れて行くことの意義と私たちのクスオへの思いについてご理解いただき、 多くの方と出会い、多くの縁を結び、クスオと私たちが成長してゆく様を見守っていただければ幸いです。

2018.05.18.さぁ、かどっち行くよ!
クスオとかどっち・殺処分撲滅・生体販売禁止・ブリーダー免許制・動物愛護推進

大島九州男はご縁をいただきクスオと出会うことができました。殺処分撲滅運動・動物愛護推進運動の看板犬として、全国キャラバン進行中!

クスオとかどっち・殺処分撲滅・生体販売禁止・ブリーダー免許制・動物愛護推進
クスオとかどっち・殺処分撲滅・生体販売禁止・ブリーダー免許制・動物愛護推進

世界の人々が”みんな笑顔”で暮らせる社会を実現するために

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Copyright 2018 クスオ. All rights reserved