参議院議員 大島くすお 公式ホームページ
最終更新日:2019年01月18日

活動報告

2018-12-10 カテゴリー:

10月24日から開かれている臨時国会で患者照会・超音波画像検査など柔整業界に係る質問を致しました。

10月24日から開かれている臨時国会で患者照会・超音波画像検査など柔整業界に係る質問を致しました。
その内容が鍼灸柔整新聞に以下のように掲載されました。

10月24日から開かれている第197回臨時国会で、国民民主党の大島九州男参議院が、柔道業界に係る質問を相次いで行った。
11月7日の予算委員会では、患者照会に関して調査費用の助成がなされていることに言及。
執拗な患者照会が患者離れを招いていると指摘し、是正を求めるとともに、これは柔整師への人権侵害でもあり、人権委員会の設置を考えるべきではないかと述べた。

11月27日の文教科学委員会では、接骨院における超音波画像検査について質問した。
柔整師が施術所で実施しても直ちに関係法令に反するものではないとした過去の通知の運用に変更がないことを確認した上で、実際に現場で乱用されている以上、養成施設の授業で検査について教えるべきではないかと確認。

厚労省と文科省の担当者は、平成30年4月から改正・実施されている柔整師養成施設の新カリキュラム中、「医用画像の理解」において既に取り入れられているものと考えていると回答した。

 

関連資料(PDF)

▼この記事の関連ニュースはこちら