参議院議員 大島くすお 公式ホームページ
最終更新日:2019年06月24日

活動報告

2019-06-03 カテゴリー:

大島九州男が熱く語る「激動の国会 – 昭和から平成、そして令和へ 」今夏の決戦に向けて大島九州男が各地を回ります!

九州男が熱く語る「激動の国会 – 昭和から平成、そして令和へ -」

今夏の決戦に向けて大島九州男が各地を回ります。お近くにお住まいの方は、是非ご参加ください!


講演:参議院議員 大島九州男 全国区比例代表
「いま国会で動いている政索」

大島九州男の取り組む制作

学習塾と文部科学省の連携
平成22年10月21日の参議院文教科学委員会で「子供たちを守り育てるあらゆる主体に学習塾も含まれる」との文部科学大臣答弁を得て、文部科学省が学習塾を教育機関であると明言したことをきっかけにして、文部科学省と学習塾とのパイプができました。

柔道整復師と保険請求の現状
大島議員の柔道整復に関する国会質問は12年連続で ナンバーワンです。後 療料を470円から500円に加算するなど 現場目線での改革を行っています。 最近では行き過ぎた患者調査の問題を予算委員会で取り上げ、厚生労働省が患者調査を抑制する通知を発出しました。

理科教育と新学習指導要領の見直し
小学生は理科実験が好きなのに、実際には学校に理科教材が少ない。こうした問題を解決して子どもたちが楽しく理科教育を受けられる体制が必要です。大島議員は新学習指導要領に対応するための準備期間に何らかの対応が必要であることも文教科学委員会で提案しています。

動物愛護と法改正はどうなるのか
動物愛護法改正の議論では、生後8週以下での販売禁止、販売業者の登録制から許可制などがクローズアップされていますが、いまだに消費される犬肉の問題には焦点が当たっていません。台湾やアメリカでは犬肉禁止が法制化され、日本でも法制に着手するときに来ています。

武力に寄らない平和構築はできるのか
武力に対する武力の保持はお互いの緊張関係を高めるだけです。35年間続く「アフリカに毛布をおくる運動」に代表される平和外交によって世界平和の実現を目指す取り組みが続いています。平和外交の最先端を大島議員が解説します。


ご参加いただける場合、お問い合せフォームから
・お名前
・フリガナ
・ご参加の合計人数
・お電話番号
・ご紹介者様
をご記入のうえ、お申込みください!
https://kusuo-o.net/contact

お問い合せのお電話はこちら
参議院議員 大島九州男事務所
TEL 03-6550-0910
FAX 03-6551-0910

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます!